ようこそ、
黒船亭へ

私たちは、まだ「洋食」というジャンルがなかった頃に、こう考えました。「気軽に食べられる、ご飯に合うフランス料理があったら良いなぁ。」そうして、前身であるフランス料理店を現在の「洋食 黒船亭」としました。大正時代、二代目が「カフェ菊屋」という店をやっていた頃、すでにハヤシライスを出していたそうです。あの頃から私たちが求めていたのは、西洋のものを日本文化に取り込んだ、つまり洋食という名の和食だったのだ、と思うのです。

新規会員登録をする
通販でお食事一覧をみる
レシピをみる